ドッグフードをふやかすメリット・デメリットは?正しいふやかし方を画像付きで解説

ドッグフードのふやかし方 飼い主さんのお悩みあるある

こんにちは!INUMESHIスタッフのあやかんです。 

 

先日、お客様のから「INUMESHIのフードは、ふやかしていいの?」という質問をいただきました。

まず、答えは「YES」です!

INUMESHIのオリジナルフードは、ふやかして与えてもらっても問題ありません。

 

そもそも「ドッグフードをなぜふやかすの?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

消化器官が未発達な子犬や消化機能が低下した高齢犬、他にもドライフードをなかなか食べてくれない犬などに、ふやかしたドッグフードはとても重宝します。

しかし、正しいふやかし方を知っておかなければ、ドッグフードの栄養を逃してしまいます。犬は、自分でドッグフードを食べやすくすることはできないので、愛犬の健康を考えるのは飼い主さんの重要な役目になります!

今回は、ドッグフードの正しいふやかし方、メリット・デメリットについてお答えします!

健康な犬はドッグフードをふやかす必要はなし

基本的に、成犬にドッグフードをふやかす必要はありません。消化器官も安定し、噛む力も丈夫な期間なので、できるだけ硬いフードを食べさせて歯の健康を維持させましょう。

ただし、歯茎が弱って食べづらそうだったり、消化器官が弱っている、食欲不振の場合は、犬の様子を見ながらふやかしたドッグフードを与えましょう。

ドッグフードをふやかして与えた方がいい場合

・生後3ヶ月ごろまで子犬

生後3ヶ月前ごろまでは、犬の体が成長しきっていないため、ドッグフードをふやかして与えましょう。そのままドライフードを与えてしまうと、消化しきれずに下痢や嘔吐の原因となります。

生後1ヶ月では、ドッグフードをふやかした上に、犬用のミルクを混ぜるのがオススメ。2~3ヶ月ごろにはミルクはやめて、ドッグフードだけをふやかして与えてください。ドッグフードは指で潰せるくらいの柔らかさが基準です。また消化器官も未発達のため、一度にたくさんの量を食べると消化不良に陥る危険性もあるため、1日3~4回に分けて与えるのが最適です。

生後3ヶ月を過ぎてきたら、1週間ほどかけて徐々に水分量を減らしていきましょう。いきなりドライフードに移行してしまうと、胃腸が驚き消化不良を起こすので注意してください。ドライフードを嫌がる場合は、ふやかしたドッグフードを再び与え、焦らずにゆっくり移行していってください。

ただし、いつまでもふやかしたドッグフードを与えていると歯を鍛えることはできないので、成犬期(生後1年半~2年)へ入る前には、ドライフードへ完全移行しておきましょう。

・高齢犬

高齢になると噛む力が衰えるため、ドッグフードをふやかして与えるのもいいでしょう。そのままドライフードを与えてしまうと、噛み切れず消化不良や嘔吐を引き起こす可能性があります。またふやかすことにより柔らかくなり、犬もドッグフードを食べやすくなります。

よく「高齢犬はドッグフードをふやかした方がいい?」と聞かれますが、全ての高齢犬がドッグフードをふやかす必要はありません。犬の飲み込む力や噛む力、そして健康状態によって異なります。

ドッグフードを食べる際に、歯周病や歯肉炎が原因でうまく噛むことができない、飲み込む力が弱くなりむせたり吐き戻しをする、消化機能や食欲が低下してきたなどの症状が一つでもある場合は、ふやかしたドッグフードやウエットフード中心とした食事を与えた方がいいかもしれません。

まだ元気な高齢犬の場合は、ドライフードをそのまま与えた方が歯の健康維持にもなります。

・ダイエットをしている犬

ドッグフードをふやかすと水分が含まれ、少ないドッグフードの量で満足感を得られることができます。また腹持ちもよくなるためダイエットをしている犬にオススメです。

・水分を多く摂る必要がある犬、食欲がない犬

暑い夏の時期などは、犬も夏バテになって食欲がなくなります。栄養や水分をしっかり摂るためにも、季節や犬の体調によってドッグフードをふやかして与えるのがオススメです。また、ふやかされると温められて風味が強くなるため食いつきもよくなります。

ドッグフードをふやかすメリット

・消化吸収が良くなる

やわらかくふやかすことで胃腸に優しく、消化吸収がよくなります。消化器官が未発達な子犬や、胃腸が弱っている犬も食べやすくなります。消化吸収が良くなることにより、摂取できる栄養も多くなります。特に子犬は噛まずに飲みこむことがあるので、硬いドライフードだと小さい喉に詰まらせる危険があります。

・水分も同時に補給できる

ドッグフードをふやかすことによって、食べるだけで水分も同時に補給できます。胃腸の調子が悪く、食が細くなっている場合は、水もあまり飲まなくなることがあります。老化によって水を飲むのが辛くなってしまう場合もあるので、水をあまり飲まない犬には有効な方法です。

・風味が増す

ドッグフードをふやかすことで、風味が強くなり、食欲増進につながります。ドライフードは水分を含むと肉のような食感になるため、食欲が刺激される効果が期待できます。ドライフードを食べなくなった犬も、ふやかしたら食べるという犬が多くいます。

・満腹感が得られる

ドッグフードをふやかすと、水分量が増えてドッグフードが膨らむことにより、満腹感が得られやすくなります。そのため少ない量で犬を満足させることができダイエット効果も期待できます。食欲旺盛な犬は試してみてください。

ドッグフードをふやかすデメリット

手間と時間がかかる

ドライフードをそのままあげるより手間がかかります。またふやかすのに時間がかかるので、犬を待たすことになります。犬はドッグフードの用意をしていることがわかると我慢できない犬もいるの、そこが難点です。

噛む力が弱くなる

毎日やわらかいドッグフード食べていると、歯や噛む力が弱くなります。健康な成犬の場合は継続的に与えるのはおすすめしません。噛む力を鍛えるために、ドライフードを食べることも必要になります。

・歯周病の原因になる

ドライフードはウエットフードに比べ歯石がつきにくいですが、ふやかしたドライフードはウエットフードのように歯にこびりつき歯石になって歯周病を発生させる恐れがあります。ふやかしたドッグフードを与える場合は、歯磨きなどのケアが必要です。濡れた柔らかい布で歯を拭いてあげるだけでも構いません。

ドッグフードのふやかし方

ドッグフードをふやかす際は、4つのポイントに注意してください。

ドッグフードのふやかし方

・30~40℃のぬるま湯でふやかす(熱湯、冷水は使用しない)

・1回に食べる分だけふやかす

・ふやかした際のぬるま湯は捨てない(残った水分も犬に与える)

 

上記の4つのポイントに注意すれば、あとはフードの硬さや大きさに合わせてふやかす時間を調節するだけでOK!ポイントを詳しく解説していきます。

・30~40℃のぬるま湯でふやかす(熱湯、冷水は使用しない)

ドッグフードをふやかす時は、熱湯や冷水を使用しないでください。なぜかとういうと、ドッグフードに含まれる栄養は熱に弱く、熱湯を使用すると栄養素が破壊されてしまう恐れがあるからです。

一度沸騰させたお湯を30~40℃に冷ましたもの(白湯)は使用しても問題ありません。

また冷水は犬のお腹を冷やして下痢や腹痛を起こす原因となるので避けましょう。

・1回に食べる分だけふやかす

一度ふやかしたドッグフードは大量の水分を含んでいるため、傷みやすく雑菌も繁殖しやすくなっています。なので作り置きははせず、食べ残しを次の食事に回すといったことはしないようにしましょう。

・ふやかした際のぬるま湯は捨てない(残った水分も犬に与える)

ドッグフードをふやかす際のぬるま湯は捨てないでください。なぜかというと、そのぬるま湯にはフードに含まれる水溶性の栄養素が溶け出しているからです。また、ふやかした際のぬるま湯も一緒に与えることで一緒に水分を補給することができます。

●INUMESHI「バリュー」をふやかしてみよう

では、どのようにふやかすかをINUMESHIオリジナルドッグフードの「バリュー」で試してみます!

まず、いつも与えている1回分の量のドッグフードをお皿に入れます。次に、30~40℃のぬるま湯をドッグフードが隠れるくらいまで注ぎます。

この時、熱湯を注ぐと熱に弱い栄養素が破壊されてしまいます。ドッグフードの栄養を守るために必ず40℃以下のぬるま湯でふやかすようにしてください。

ぬるま湯を注いだら、10~15分ほど放置します。室温が低い時や、早くふやかしたい場合は、ラップをすると効果的です。

ぬるま湯を注いでから5分経過

ドッグフードのふやかし方

ぬるま湯を注いで5分経つとこのような状態になりました。

水分を含み始めましたが、まだお皿に少し水分が残った状態です。

 

ドッグフードのふやかし方

粒はまだ硬めでした。表面は柔らかくなってきていますが、中は硬く爪を使わないと潰せません。

外側がふやける程度でいいという場合は、5分が丁度いいと思います。

ぬるま湯を注いでから10分経過

ドッグフードのふやかし方

ぬるま湯を注いで10分経つとこのような状態になりました。

先ほどより水分をしっかりと含み、お皿に水分は残っていない状態です。

 

ドッグフードのふやかし方

粒は先ほどよりも柔らかくなり、爪を使わなくても指で潰れます。

ですが中がまだ少し硬いのでペースト状にしたい場合は、もう少しふやかす必要があります。

ぬるま湯を注いでから15分経過

ドッグフードのふやかし方

ぬるま湯を注いで15分経つとこのような状態になりました。

見た目は、先ほどと変わりません。水分をしっかりと含んでいるのがわかります。

 

ドッグフードのふやかし方

粒は指で簡単に潰せるほど、柔らかくなりました。ペースト状にしたい場合や、歯がなく噛むことができない犬には、これくらいふやかしてあげるといいでしょう。

ドッグフードによっては、内容物が違うため、ふやけるのにかかる時間が異なってきます。特に時間に決まりはないので、愛犬の食べ方や健康状態に合わせて時間を調節しましょう。

また、時間を短縮したい場合は、フードを細かく抱いてからふやかすといった方法もあります。

●電子レンジを使用する場合

電子レンジを使用する場合は、ぬるま湯でなく水を使用しましょう。ぬるま湯をレンジにかけると熱湯になるため、栄養素を破壊したり、火傷の原因となります。

耐熱皿に水を入れたらラップをして500Wで20~30秒ほど温めましょう。ぬるま湯を注いでから5分経過した状態に近くなります。

レンジの種類やドッグフードによって、温度や温める時間は変わってくるので、調節してください。

●まとめ

みなさん、正しいドッグフードのふやかし方は参考になったでしょうか?

通常のドッグフードはそのままの状態で与えることを前提として作られているので、健康な犬はわざわざふやかしたドッグフードを与える必要はありません。

ですが、愛犬が高齢になった際や体調によっては、ドッグフードをふやかすことも必要になるため、覚えておいたほうが、役に立つこともあるかもしれません。是非、参考にしていただければと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました