ドッグフードの業務用パッケージ?ブリーダーパックってなんだ?

ドッグフードの業務用パッケージ?ブリーダーパックってなんだ?

こんにちワン!

 

犬めし店長です。

 

犬めし店長の住む静岡県浜松市にも2017年9月に、ついにコストコがオープンいたしました!!(パチパチパチ)

ぼくも例に漏れず会員カードをつくって、コストコデビューしました!

ぼくのオススメはパンですね!

おいしい!そして量が多い!安い!

 

 

ドッグフードも、コストコのパンみたいに『おいしい!安い!多い!』のスバらしい三拍子がそろったものがあればいいのに・・・。

 

え?

ブリーダーパックをご存じない!?

 

ひかえめにいって、コストコを知らないより損しているかもしれませんよ!

 

ブリーダーパックとは?

 


ブリーダーパックとは、いわゆるドッグフードの業務用パッケージです。

ドッグフード・キャットフードのメーカーがブリーダーさんに提供している特別なパッケージです。

(ブリーダーとは、ざっくりいうと犬や猫などのペットの繁殖をおこなっている人たち)

ブリーダーパックはほかにも「プロパック」や、「ブリーダーズパック」、「業務用パック」、「大容量パック」なんて呼ばれたりもしています。

ここではブリーダーパックで統一させてもらいますね!

外観は飾り気のない質素なパッケージですが、中に入っているドッグフードは通常市販されているものと変わらない品質!

量が多いからこそ、安く買えるんです!

まさに、『おいしい!安い!多い!』のスバらしい三拍子!

 

大容量っていってもどのくらい量なの?

 

ブリーダーパックの容量は、ドッグフードでは10kg〜22kgほどで、キャットフードでは8kg〜15kgほどのものが多いです。

中身は、小分けされておらず、一袋になっているものが多いです。

小型犬一匹飼いの方からすれば消費に数ヶ月かかってしまいますが、大型犬のわんちゃんであれば1〜3ヶ月程度で消費してしまうぐらいの量です。

 

どんなメーカーのブリーダーパックがあるの?

 

 

実は、ユーカヌバ、サイエンスダイエット、サイエンスダイエットPRO、ホリスティックレセピー、森乳サンワールドなどの有名ドッグフード・キャットフードメーカーでブリーダーパックがあります。

通常店頭で、1kgで800円ほどで売られている商品が、同じ品質でブリーダーパックだと1kgあたり400円ほどで手に入ったりするんです!

 

ブリーダーパックのメリット・デメリット

ブリーダーパックのメリットとデメリットをしることで、さらに上手にブリーダーパックを使うことができます。

 

メリット

  • 有名メーカーのドッグフードが同じ品質で圧倒的に安く手に入る!
  • 大容量なので何度も買いにいく手間が省ける!

 

デメリット

  • なかなか手に入らない!
  • 小分けされていないので保存が不便!
  • 重くて運ぶのが大変!

 

こんな方にオススメです!

 

  • わんちゃんがたくさんドッグフードを食べるのでちょっとでも安くドッグフードがほしい!
  • 有名メーカーのドッグフードがちょっとでもお安く手に入れたい!
  • ゴールデンレトリーバー、ラブラドールレトリーバー、ジャーマンシェパードなど、大型犬を飼ってる!
  • たくさん犬を飼っている!

 

どうすればブリーダーパックが手に入る?

 

安くて、美味しくて、たくさん入ったパンを買いたいのであればコストコ!

じゃあ、ブリーダーパックは一体どこで手に入るの?

 

卸ネット良品では、ブリーダーさん以外の方が購入することができない、『おいしい!安い!多い!』の三拍子がそろったブリーダーパックを1袋からどなたでも購入することができます!

 

ブリーダーパックの購入はコチラ!

 

Have a ワンderful time!!

 

 

ドッグフードを調査した件カテゴリの最新記事